• MTV presents SOUL CAMP 2017

真っ昼間から いいキモチ。

あの時の最高の音楽と最高の空気、
ソウルフルな開放地区、「SOUL CAMP」。
3回目となる今年は再び豊洲エリアで開催決定!

過去2回の開催で、Ms. LAURYN HILL、COMMON、LORD FINESSE、JILL SCOTT、NELLY、DJ PREMIER、DJ JAZZY JEFF、ALI SHAHEED MUHAMMAD(ATCQ)など、そうそうたるアーティストたちがパフォーマンスを魅せてきた「SOUL CAMP」。第3回目となる「SOUL CAMP 2017」は、ERYKAH BADU、SHOWBIZ & A.G.、DJ SPINNA、DE LA SOUL、FAITH EVANS、BLACK SHEEP、KNXWLEDGEがすでに発表されている。さらに、1990年代“ニュースクール”という新たなヒップホップの世界を提示したBRAND NUBIANの出演が決定! 今回は、Sadat X/Lord Jamar/DJ Alamoでの来日となる。「SOUL CAMP 2017」、夏の終わりに欠かせない“フェス”、原点開放地区、豊洲エリアに降臨。

LINE UP

10.7SAT

プロフィール
ERYKAH BADUProfile

ERYKAH BADU

プロフィール
BRAND NUBIANProfile

BRAND NUBIAN

プロフィール
SHOWBIZ & A.G.Profile

SHOWBIZ & A.G.

プロフィール
DJ SPINNAProfile

DJ SPINNA

DJ YANATAKE/SHIHO WATANABE/DJ TY-KOH(block.fmLink

DJ YANATAKE/SHIHO WATANABE/DJ TY-KOH(block.fm "INSIDE OUT")

10.8SUN

プロフィール
DE LA SOULProfile

DE LA SOUL

プロフィール
FAITH EVANSProfile

FAITH EVANS

プロフィール
BLACK SHEEPProfile

BLACK SHEEP

プロフィール
KNXWLEDGEProfile

KNXWLEDGE

DJ HASEBE/DJ YANATAKE (HONEY DIP)Link

DJ HASEBE/DJ YANATAKE(HONEY DIP)

MURO/DJ WATARAI(FM KODP)Link

MURO/DJ WATARAI(KING OF DIGGIN' PRODUCTION)

...and more!!

TICKET

1日券・一般チケット

13,000 yen

(税込)

1日券・小中学生チケット

3,000 yen

(税込)

2日通し券・一般チケット

23,000 yen

(税込)

2日通し券・小中学生チケット

5,000 yen

(税込)

  • オールスタンディング、整理番号付
  • 入場時、別途1ドリンク代¥500(各日)必要。
  • 未就学児に関しては、保護者同伴に限り入場無料
  • 出演アーティスト変更による払戻しは致しません。
  • 雨天決行。

チケット一般発売

受付期間

8/5(土)10:00~

Purchase tickets outside Japan

ACCESS

TOYOSU PIT

TOYOSU PIT

住所
東京都江東区豊洲6-1-23
WEB
http://toyosu-pit.team-smile.org
MIFA Football Park

MIFA Football Park

住所
東京都江東区豊洲 6-1-23
WEB
http://mifafootballpark.com

INFORMATION

名称
MTV presents SOUL CAMP 2017
日程
2017年10月7日(土)~10月8日(日)
OPEN 13:00/START 14:00(予定)
会場
豊洲PIT - http://toyosu-pit.team-smile.org
MIFA Football Park - http://mifafootballpark.com
主催・企画制作
SOUL CAMP 2017 実行委員会
オフィシャルメディア
MTV JAPAN
後援
InterFM / block.fm / WREP
協力
Billboard JAPAN
お問い合わせ
CREATIVEMAN 
[TEL] 03-3499-6669

Follow Us!

Instagram

@soulcamp_official

ERYKAH BADU

ERYKAH BADU

エリカ・バドゥ

1997年のデビューアルバム『バドゥイズム』でグラミー賞「ベスト・R&Bアルバム」を受賞、さらにシングル「オン&オン」は「ベスト・フィメールR&Bヴォーカル・パフォーマンス」も受賞し、次世代の新世代のR&Bリーダーとしての地位を確立したエリカ・バドゥ。2000年にリリースされプラチナ・セールスとなったセカンド・アルバム『ママズ・ガン』ではさらに深化した世界観を披露し、高い評価を受けた。2003年にはユニークなジャム・セッションの雰囲気を湛えた3rdアルバム『ワールドワイド・アンダーグラウンド』をリリース。常に自らのクリエイティヴィティーを追究し続ける彼女の姿勢が大いに反映された作品として、この作品もグラミーアワードにノミネートされた。2015年には、電話をコンセプトにとしたミックステープ『But You Caint Use My Phone』をデジタル配信で発売。「Phone Down」はアダルトR&Bチャートで最高10位を記録した。華々しいデビューを飾った作品となった『バドゥイズム』の発売20周年を迎えた一方で、この20周年を記念したアメリカ・ビルボード誌のインタビューの中では新曲を制作中と語り、また、「Badu vs. Everythang Tour」を発表するなど、精力的な動きを見せている。2014年9月に開催された「StarFes. ’14」以来3年ぶりとなる彼女の来日パフォーマンスは、見逃せない。

BRAND NUBIAN

BRAND NUBIAN

ブランド・ヌビアン

1990年、『One For All』でデビューしたGrand Puba、Sadat X、Lord Jamar、DJ Alamoの4人グループ、Brand Nubian。そのタイトルは、US音楽誌Sourceでも最高の評価を受け、ヒップホップ・黄金時代を象徴する重要なアルバムとして数えられている。ニュースクールと呼ばれた世代のBrand Nubianは、彼らの特徴的なサウンドや洋装からも、De La SoulやA Tribe Called Quest(ATCQ)を中心としたネイティブ・タング・ポッセとも深い関係にあったことがうかがえ、当時日本のヒップホップ・ダンサーからも絶大な支持があった。メンバーそれぞれが、ソロ活動を始めるも、1998年にリユニオンしたグループはアルバムをリリースし続け、現在もオリジナル・メンバーで稼動を続ける数少ないヒップホップ・グループの一つだ。
・SADAT X :1996年、ヒップホップレーベルの名門、ラウドレコードからソロデビューを果たしたSadat X。グループのリユニオン以降もソロ作品をリリースしながら、ATCQ、Common、Talib Kweli、Diamond Dといったアーティストとも競演し続け、常にBrand Nubianの顔として表舞台に立ってきたレジェンダリーなリリシストだ。
・LORD JAMAR :グループのセカンドアルバム『In God We Trust』(’93)で、サウンドをフルに手がけるなど、プロデューサーとしての才能を開花させた。後にJamarは、全米大ヒットとなったギャング系TVドラマシリーズに出演し、俳優としても高い評価を受け新たな道へと進んだ。また2006年には待望のソロでのアルバムデビューを果たし、MCとアクターとして活躍を続けている。

SHOWBIZ & A.G.

SHOWBIZ & A.G.

ショウビズ・アンド・エージー

プロデューサーのSHOWBIZ(ショウビズ)と、Andre the Giant(アンドレ・ザ・ジャイアント)ことMCのA.G.(エージー)によるブロンクス出身のユニット。Diggin In The Crates(DITC/ディギン・イン・ザ・クレイツ)のメンバー。Lord Finesse(ロード・フィネス)に紹介されてユニットを結成し、1991年に自主制作でリリースしたEP『Party Groove』がヒット。1992年にファーストアルバム『Runaway Slave』をリリース。その後、ShowbizがShow(ショウ)に改名し、Show & A.G.として活動。ShowはDITC関連作品をはじめ、Maestro Fresh-Wes(マエストロ・フレッシュ・ウェズ)など多くのアーティストを手掛ける。A.G.も1999年には1stソロアルバム『The Dirty Version』をリリースし、DITC関連作品をはじめ、多くのアーティストの作品に客演参加。2012年にはSHOWBIZ & A.G.として『Mugshot Music』をリリース。そして、『Runaway Slave』リリースから25年となる今年、フルアルバム『TAKE IT BACK』をリリース。前作からの5年の充電期間中、ShowbizはD.I.T.C.クルー復活を掲げ自前のスタジオ「D.I.T.C. Studios」を起ち上げ、またD.I.T.C. Recordsのフロントマンとしてレーベルを牽引。かたやA.G.は客演仕事で多忙を極めるレジェンドMCとしてN.Y.アンダーグラウンドに今なお君臨する。2015年のSOUL CAMPにLord Finesseが出演して以来となる、DITCクルーのSOUL CAMPのステージに注目。

BLACK SHEEP

BLACK SHEEP

ブラック・シープ

JAZZネタをサンプルした尖ったトラックにはねたビート、クセの強いラップで90年代前半にヒットを飛ばしたグループ。元は Dres(ドレス)、 Mr. Lawnge(ミスタ・ロング)の2人組み。A.T.C.Qらとのユニットポッセ、かのNative Tonguesの一員でもある。特にファーストアルバム『A Wolf in Sheep Clothing』(1991)からのシングル「the Choice is Yours」は現在でもおなじみのフロア・クラシック。この曲の中の「エンジン、エンジン、ナンバー・ナイン…」というフレーズをサンプルしたトラックス作品なども頻繁にプレイされるため、HIPHOPが好きであれば一度は聴いたことのある曲といえるだろう。セカンドアルバム『Non-Fiction』(1994)リリース後、解散に至る。その後、ドレスはソロ名義(Dres the Black Sheep)にて初ソロアルバム『Sure Shot Redemption』(1999)リリース。2000年に一度Black Sheepを再結成し、EP 『Redlight, Greenlight』(2002)をヴァイナルオンリーでリリースするが、再度活動停止。その間に、ドレスは精力的に活動を続け、セカンドソロアルバム『8WM/Novakane』(2006)、ソロEP『From the Black Pool of Genius: the Prelude』(2009)、ソロLP『From the Black Pool of Genius 』(2010)を継続的にリリース。また、パンクロックバンドCerebral BallzyのシンガーHonor Titusとしても活動中。※今回、SOUL CAMPで一日限りの再結成となります。

DE LA SOUL

DE LA SOUL

デ・ラ・ソウル

ポス、トゥルーゴイ、メイスの3人からなる2MC/1DJのヒップホップユニット。80年代後半から活動を開始。ジャングル・ブラザーズやア・トライブ・コールド・クエストらとネイティブ・タン一派を構成し、1989年に独自のユーモアとセンス、緻密なサウンドで作り上げられた大傑作『スリー・フィート・ハイ・アンド・ライジング』で華々しくデビュー。当時の主流であった「ゴールド」、「銃」などのマッチョイズム的HIP HOP感を排除し、よりコミカルで等身大の要素に重点をおいた歌詞とジャズ、ファンク、ディスコなどを多様なジャンルの音楽をサンプリングした、緻密でポップなサウンドで90年代に新たなHIP HOP=<ニュー・スクール>と呼ばれた新たなムーヴメントを牽引。日本でいう<文系/草食系ヒップ・ホップ>提示し、HIP HOPカルチャーの多様化を世界中に産み落としてきた。「マジック・ナンバー」、「ミー・マイセルフ・アンド・アイ」などの未だに語り継がれるヒット・シングルを多数残し、『デ・ラ・ソウル・イズ・デッド』、『ステークス・イズ・ハイ』など数々の名盤をリリース。そして、2015年、クラウドファンディング「Kickstarter」を通じて制作費を集め、豪華アーティストを迎えて発表した最新作『and the Anonymous Nobody…』が米ラップ・チャートで初登場1位となる。今なお、注目を集める彼らは、名実共にHIP HOP界のレジェンド・トリオといえる。

FAITH EVANS

FAITH EVANS

フェイス・エヴァンス

1995年、Bad Boyレーベルからシングル「You Used to Love Me」でデビュー、100万枚を超えるヒットとなったアルバム『Faith』をリリース。伝説のラッパー、ザ・ノトーリアス・B.I.G.と結婚するが、97年3月に彼が他界。P.ディディとともに追悼曲「I’ll Be Missing You」を発表、チャート1位を記録するロングヒットとなる。その後も『Keep the Faith』、『Faithfully』、『First Lady』とアルバム・リリースを続け、「Love Like This”、”Burnin’ Up -remix-」などのフロア・クラシックを残している。そして、ザ・ノトーリアス・B.I.G.没後20年となる2017年5月、ジェイダキスや、スヌープ・ドッグ、リル・キム、バスタ・ライムスなど、豪華ゲストを迎えて完成させた奇跡のコラボレーション・アルバム『The King & I』をリリースしたばかり。約4年半ぶりの来日となる彼女のステージから目が離せない。

DJ SPINNA

DJ SPINNA

DJスピナ

NYブルックリン出身のDJ/プロデューサー/レーベル”Beyond Real”の準オーナー。1990年にダンスを通じてクリミナルと出会いジグマスタズ (Jigmastas)を結成。「Chandon」、「Beyond Real Remix」、「Iz You Dee」等のヒット作品のRemixワークがことごとくヒット。ジャングル・ブラザーズやデ・ラ・ソウル等のトップアーティストの仕事もこなす程に知名度は上がっていく。ヒップホップシーンでもジグマスタズは勿論、J-ライブの作品(「Them That’s not」など)やモス・デフ、エドO.G.らの作品を手がけ、“独特のハネ”をしたリズムとグルーヴィーなサンプルやアレンジが人気になる。自身もヒップホップ/ブレイクビーツのマスターピース「Rock」を先行シングルにしたアルバム『Heavy Beats, Vol. I』(’99)をリリース。クーリーズ・ホット・ボックスやマーク・ド・クライヴ・ロゥなどの仕事も手掛け、ハウスからジャズ、ヒップホップまで殆どのジャンルでその名を轟かせてきた。2003年には英レーベルBBEから2ndアルバム『Here To There』をリリース。生演奏とサンプリングの双方を組み合わせた独特のスタイルを構築。2005年に発表したアルバム『Intergalactic Soul』では、硬質な打ち込みサウンドに立ち返りつつ、ラップはもちろんジャズ・ボーカルなど多彩なアーティストの協力を得た素晴らしい内容を展開し、常にそのサウンドを変化させている。2009年には90年代的なサウンドを進化させたアルバム『Sonic Smash』をリリースしている。一方、ボビートとのミックステープから始まった企画モノ「Wonder of Stevie」などミックステープシリーズも精力的にこなし、DJでも世界中を飛び回りここ日本にも継続して来日。ヒップホップは勿論、ハウス、テクノ、ジャズ、ファンク、ソウル、ディスコ……と縦横無尽にプレイするスタイルで人気がある。

KNXWLEDGE

KNXWLEDGE

ノレッジ

ポスト・Jディラ、マッドリブとして注目されているLAをベースに活動する新世代ビートメーカー/プロデューサー: ノレッジ。2005年にリリースされたフルアルバム『Hud Dreems』で、からオフィシャルデビューを果たす。同年にプロデュースを手掛けたLAの新世代ラッパー: ケンドリック・ラマーの「Momma」を収録したアルバム『To Pimp A Butterfly』がグラミーのベスト・オブ・ラップ・アルバムを受賞し、大きな話題を呼ぶ。2016年10月には、ドクター・ドレーとメジャー契約した新世代シンガーのアンダーソン・パックとのコラボレーションユニット:ノー・ウォーリーズ(NxWorries)のアルバム『Yes Lawd!』をリリースし、米メディアPitchforkや日本のMusic Magazineなど数多くのメディアでBest of 2016アルバムに選ばれた。2017年には、ノレッジがセルフリミックスを手掛けたノー・ウォーリーズのリミックスアルバムもリリース予定。また、オッド・フューチャーのラッパー: アール・スウェットシャツやアクション・ブロンソンなどとも楽曲制作中で今後の活動が見逃せない。来日ライブでは、未発表曲などエクスクルーシブな楽曲も多数披露される予定である。

SOUL CAMP 2016

2016.9.16@横浜赤レンガ野外特設ステージ

SOUL CAMP 2015

2015.9.22-9.23@豊洲PIT+MAGIC BEACH 他